お金で賭けるのは時代遅れ?!“ハンバーガーで賭け事ができる”世界初の「フードカジノ」とは?

カジノにお財布を持って行く時代は終わりました。今の時代は、ハンバーガーを持っていきましょう。

どういうこと?

参加者はまず、無料のハンバーガーとポテチを受け取ります。そして、それを使って追加の食べ物を獲得することが出来るというなんとも不思議なギャンブルが実在します。実はこれ、1950年代の古き良き時代を再現するというコンセプトの下開発された“777”という新しいオンラインカジノのプロモーションが目的で、話題作りの為に始まった物なのです。

主催者のシバン・フィン・シャレフ氏は、とあるニュースリリースにて、「777は、1950年代の古き良き時代や、カジノの興奮とスリルを融合させることを目的として開発された作品です」と語っていました。

では、フードカジノに戻りましょう。このギャンブルのルールは至ってシンプルです。一般的なカジノや賭け事と同じような仕組みです。しかし、フードカジノにおいて使用する通貨は食べ物であり、参加者はポテトチップスと使って賭けを行うのです。現金が無くなり、空腹に苦しむギャンブラーにとっては救世主と言えるかもしれません。賭けた”ポテチ”で一儲け出来た場合はメニューの中からミルクシェイクやステーキなどを獲得できるという非常にユニークなシステムとなっています。運悪く手持ちのポテチを全て失っても、Cancer Research UK (UK癌研究機構)に5ポンドの寄付をすることで再入場が可能となります。

どこのカジノもユニークさが足りない?

プレイできるゲームの種類もこれと言って変わりが無く、1週間もカジノで遊んでいればプレイし尽くしてしまうかもしれません。しかし、このフードカジノはどうでしょう?プレイヤーが、チップをテーブルにベットしているなんて想像するだけで笑えてきませんか?たまには息抜きでこんなギャンブルを遊び半分で試してみるのも楽しいのでは無いでしょうか。私なら限界まで空腹状態にして挑戦してみたいです!

お腹いっぱいになったら通常のカジノに戻ろう

やはり、お腹いっぱいになるよりも、お財布をパンパンにしたいというのは皆さん一緒なはずです。同じ目的でその場を訪れる裕福な外国人と話して仲良くなり、もしかしたら思いもよらない人脈が作れちゃうかもしれませんよ!